世界希少・難治性疾患の日

毎年、2月の最終日は「世界希少・難治性疾患の日」とされています。世界中で同日にイベントを開催し、社会的な啓発を行っています。

徳島では、講師に大阪から中井伴子氏(日本ハンチントン病代表補佐・相談役)を迎えハンチントン病について学び、体験発表を行いました。この希少疾患をお互いに理解することで社会にも周知を呼びかけたいと思います。

>>活動報告へ戻る