佐賀県難病相談支援センター視察

8月の暑い1日、佐賀県の難病支援センターへの視察を行いました。

佐賀県難病相談支援センターは佐賀県難病支援ネットワークの拠点となっており、患者さんやその家族の相談支援、また、交流会や患者会発足支援、就労や助成金や年金の受給に対する支援等、さまざまな難病患者に対する支援活動を行われています。

患者さんの作品を展示

三原所長・山本相談員

事務所では6名の患者さんが、スタッフとして働いています。

スタッフのみなさん

折りたたみベッドが用意された相談室や、50名収容でき、二つの部屋に分けることもできる交流室もあります。

相談室

交流室

佐賀県難病相談支援センターについて、詳細はこちらのホームページでご覧ください。

>>活動報告へ戻る

タグ: