2018年RDD世界希少・難治性疾患の日

開催日:平成30年2月25日(日)10:00~12:00

場 所:徳島県立障害者交流プラザ

世界希少・難治性疾患の日(レア・ディジーズ=RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指して、2008年スウェーデンで始まった活動です。日本では2010年よりRDDイベントを開催しており、今回で9回目を迎えます。 9回目の共通テーマは「つながるちから~Take Action Naw」です。 この活動と意義を、より広く社会に知らせ、世界の活動とつながっていくことを目指します。

※「クローン病」患者の方の体験発表         発表者:郷司 敦史 氏(With SUN クローン病患者交流会会長)

発表者:郷司 敦史 氏

クローン病患者さんの体験談をお聞きし、症状緩和のための日常の食事での工夫を知りました。

参加された皆さん

>>活動報告へ戻る